TOP建築用語集

建築用語集

 

建築用語に関する、分かりにくい用語を解説いたします。
サイト内で理解できない語句等ございましたら、お問い合わせください。

|ヤ|ラ|ワ|

 

● アウトドア・リビング

屋外の生活の場。いわゆる屋内の居間の延長となるところ。テラスや芝生がそれに当たり、ガーデンチェアーや陶器のスツールなどが使われる。テラスは舗装されたり、ウッドデッキにパーゴラを設けて日陰をつくったりする。外と内のあいまいな空間をいかに演出できるかが今注目を集めている1つである。

●アプローチ

一般的には門から玄関までの通り道の事を 玄関アプローチと言う。

●アンカーボルト

鉄筋コンクリート造りの基礎、柱、壁などに埋込むボルト。 家と基礎を緊結する役目をしたり、柱や壁に鉄骨を 緊結するために使われる。出来てしまうと本当に解らないが これが少ないメーカーや工務店をたまーに見ることがある。

●インターロッキングブロック

玄関や車庫のアプローチなどや道路(歩道)に敷くカラフルなコンクリートブロック。砕石の上に砂を入れブロックを埋め込む施工法を取るため、透水性が良い。

●ウォーターフロント

水は緑とともに市民生活に欠くことのできない自然である。陸と接点である水際(ウォーターフロント)を開発し、都市・街に失われた水空間を取り戻そうというもの。簡単に言うと水辺。

●打ち放し

型枠を解体した状態のコンクリート面が、モルタルなどを塗らずにそのまま仕上げとなるか、あるいは吹き付けや塗装下地となるコンクリートのこと。型枠の精度を良くし、ジャンカなどのない良質なコンクリート打設を必要とする。

●大引き・根太(オオビキ・ネダ)

床の構造の一部で根太を支えてその目方を地面に伝える役目をする。通常90㎝程の間隔で入れ、根太と直交するよう配置します。約9㎝角くらいの部材。

PAGE TOP↑

 

●外構工事(ガイコウコウジ)

建物などの本工事、主体工事の周囲整備のために行う外回りの工事。舗装工事、排水工事、造園植栽工事など。本工事に付属して引続き行われる。

●型枠(カタワク)

コンクリ-トで建物や基礎をつくる際、硬化していないコンクリ-トが流出しないようにふせぐ仮設の枠組み。木製型枠や鋼製型枠(メタルフレーム)がよく用いられる。

●鴨居(カモイ)

和室の開口部において、内法高さの位置に入れる横木。これに溝をほり建具の上枠とする。開口部に隣接する壁面に鴨居に合わせて取り付ける化粧材を「付け鴨居」と呼ぶ。

●ガラスブロック

箱型ガラスを2個合わせて溶着し内部を中空としたブロック。色・型模様は様々で防音性・断熱性に優れており、採光用の壁に用いられる。

●ガルバリウム鋼板(ガルバリウムコウバン)

耐食性、耐熱性、加工性などに優れたアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板のこと。住宅・事務所・店舗・工場などさまざまな建築物に使用され、住宅では外装材として使用されることが多く、デザイン性も高い。ガルバリウム鋼板のめっき組成は、アルミニウム55%、亜鉛 43.4%、シリコン1.6%からなり、耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性などのアルミニウムの特質と、亜鉛が鉄の溶解を防止する犠牲防食作用と鋼板から錆を守る被膜保護作用で優れた耐久性を発揮。溶融亜鉛めっき鋼板(通称トタン板)の3~6倍以上の耐久力など、優れた特性をもつことから、風雨にさらされるような外部をはじめ、過酷な環境にさらされる部位に使われることも多い。

●基礎(キソ)

建築物を支え地盤に定着させる部分を基礎という。 軸組下部に設け、外周基礎はコンクリートの布基礎とし、主要な間仕切りの下や浴室などの水を使う部分の周囲にも用いる。不同沈下を生じないようにし、地震力、風圧力などの水平荷重に対しても安全な構造にする。また、建物の自重及び建物に加えられる外力を地盤に伝達する。

●基本設計(キホンセッケイ)

建築や建築群の設計にあたり、まずその基本的な事項をまとめ大網をきめる。これを基本設計と称し、実施計画と区別する。

●気密材(キミツザイ)

サッシ及びドアなどの可動部や枠材に気密を保つために装着する定形シーリング材のこと。一般に塩化ビニール系、合成ゴム系のもの、あるいはウール系、ポリプロピレン系等の通称「モヘヤ」と呼ばれる気密パイルなどの材質のものが多く使用される。

●気密住宅(キミツジュウタク)

新省エネルギー法に基づく基準では、気密性能を床面積1㎡当たりの隙間相当面積で表示し、その値が5cm2/㎡以下のものを気密住宅と一般的に呼んでいる。

●気密性(キミツセイ)

建築物の外装にある様々な隙間から漏れる空気に対する遮蔽の度合。具体的には建築用開口部に使用される状態にて、内外の圧力差ΔP(kgf/m2)における、通気量(m3/h・m2)の等級線により性能区分される。通気量の値が小さい程、気密性が高いことを示す。サッシ・ドアのJISでは、A- 1(120)、A-2(30)、A--3(8)、A-4(2)の四つの等級に区分され、この数値は、圧力差ΔP=1における通気量を示す。

●鬼門(キモン)

家の位置・方向などから吉凶を判断する風習(家相)において東北方向のことをいい、最も忌み嫌う方向とされる。この方向の台所・浴室・便所は避けなければならないとされる。西南方向を裏鬼門という。

●客土(キャクド)

1.不良地盤を改良するために表層土の一部を取り除いて入れ替える良質の土。 2.砂地あるいは瓦礫を多く含む土地のような植栽に適さない地盤において、 入れ替える良質の土壌のこと。「かくど」ともいう。

●CAD(キャド)

コンピュータ・エイド・デザインの略。コンピュータによって設計を行うシステム。グラフィック・ディスプレイ、プロッター、デジタイザーなどで構成され、設計者はディスプレイを見ながら、コンピュータとやりとりして設計を行う。

●珪藻土(ケイソウド)

内外装に使用される壁材。吸湿・放出性に優れ、結露やかびの予防に効果を発揮、消臭効果もある。太古の植物プランクトンの遺骸が永年にわたって堆積してできた土であり、小さな粒子の中に無数の孔質(空気層)を抱えているため、調湿性や断熱性、遮音性、脱臭性などに優れている。ホルムアルデヒドなどのVOCも吸着し、シックハウス症候群を抑えたり、調湿効果で湿度によるダニ・カビの発生で起こるアレルギーやアトピーを防ぐ効果があるとされる。また、土であるため壊しても自然の土にかえるため環境に優しいなど、多くの利点をもつ。

●構造用合板(コウゾウヨウゴウバン)

筋かいのかわりに壁に打ちつけて、地震や台風で建物が変形するのを防ぐ目的で使われる、特に強度のある合板のこと。通常、構造耐力上主要な部分には特類が用いられる。

PAGE TOP↑

 

● サイディング

外壁に使用するボード類で合板系、石綿セメント板系、金属板系などがある。

●地鎮祭(ジチンサイ)

建物の工事を始める前に、敷地を清め、神の加護と工事の安全を祈願するために行う儀式のこと。神主が行う神式、檀那寺の住職が 行う仏式の他、祭典業者に依頼するなどさまざまだが、住宅の場合は、一般的に神式が多い。地域の神社の神職が祭事を行う。日取りは大安、先勝、友引などの吉日を選んで行うが、祝い事なので午前中がよいとされている。儀式に参加するのは、建て主とその家族、棟梁、鳶、 設計者、施工者など、基礎や躯体工事に関係する職人や専門家など。

●上棟(ジョウトウ)

上棟(または棟上)木造建築において、上棟は大きな意味を持つ。上棟とは棟を上げると書くように、棟木つまり屋根の一番高いところに水平にのる材料を納めること。しかも、この日までは基礎工事といって、土の上しかいじらなかったものが、地上に家の形を表すので、上棟への感謝と、職方への挨拶としての「上棟式」を行うこともある。

●筋交い(スジカイ)

柱と柱の間に斜めに渡す補強材のこと。軸組構造で、台風や地震などの横から建物にかかる力に耐え、軸組の変形を防ぐために対角線方向に入れる部材。筋交いをいれることで、建物は横から押される力に突っ張って抵抗する。建物全体を強固にするために必ず入れ、釣り合いをよく配置し、ねじれが生じないようにする。筋違いともいう。木造では、圧縮材として柱の2つ割り程度がもちいられ、鉄骨造では引張材として丸鋼やアングル(断面がL字形になった鋼材)が用いられる。筋交いのうち、圧縮材として働くものを圧縮筋交いといい、引張材となるものを引張筋交いという。

●スロープ

傾斜路のこと。

●石膏ボード(セッコウボード)

プラスタボードともいい、芯材に石膏を入れ、その両面と側面をボード用紙で被覆した板。耐火・防火・遮音性能をもち、室内の仕上げ下地としてよく使われる。

●造作工事(ゾウサクコウジ)

木工事において、骨組が完成したあとに施される内外の木工事全般。

 

●建て方(タテカタ)

構造部材を組み上げることで、木造住宅の場合、土台の据付から、柱、梁、小屋組み(屋根を支える構造部分)の棟上までの作業をいう。

●断熱材(ダンネツザイ)

熱の絶縁を目的として用いられる材料。無機繊維系(グラスウール・ロックウール)、発泡プラスチック系(フォームポリスチレンなど)、木質繊維系(セルロースファイバーなど)に大別される。

●土台(ドダイ)

木造建築の場合は基礎の上に建物の構造を支える木材の枠組みのこと。これが逆T字型のコンクリートでできた布基礎の上に固定される。

PAGE TOP↑

 

●熱伝導率(ネツデンドウリツ)

ある物質の熱の伝わりやすさを表す値。物質内に温度差があると、温度の高い部分から低い部分へ熱移動がおこる。熱伝導率とはこの熱移動のおこりやすさを表す係数で、1メートルの厚みがある物質の両面に1度の温度差があるとき、1平方メートルの面積あたりで1時間に伝わる熱量で表現される値のこと。 熱伝導率は単位長さの値であるため、熱伝導率の大きい物質でも、実際に使用するときの長さ(厚み)が大きければ放熱効果は落ちる。 また、熱伝導率は一般的に温度によって変化する。例えば、気体の熱伝導率は温度とともに大きくなり、金属の熱伝導率は温度の上昇に伴い小さくなる傾向がある。

●野地板(ノジイタ)

屋根の仕上げ材である瓦等のすぐ下に入っていて仕上げ材を支える目的のもの。一般に「野」という字は見えないところに用いるという意味。

 

●掃き出し窓(ハキダシマド)

一般には外部に人が出入りできる程度の大型の窓で、窓の下枠は室内の床の高さと差がない窓。

●梁(ハリ)

垂直に立つのは柱、横に寝ているのは梁。柱が垂直に立っているだけだと不安定なので、水平に木を噛ませ役目をしている。漢字の梁は「向こうへ渡る」意味の(渉)を語源としていて、「リョウ」という音と猟の音が同じところから、魚を捕る「簗」の意味が生まれたそうだ。つっかい棒のことを「ばり」というように、梁もばりも「張り」から来ているようだ。張りは腫れと同じで丸くふくれた状態をいう。とすると、梁はまっすぐの角材ではなく、本来は弓なりに反ったものを言ったのだろう。

●フローリング

洋間等の床の仕上げに張る比較的幅のせまい板のことで、カリン、ナラ、ブナ等の硬い材料のもから、パイン、杉、檜などのやわらかいものまでいろいろな材質のものがある。 同じ材料の切れ端を接着剤で何層にも張り合わせた合成タイプや、一枚の板で作られている無垢タイプのものなどがある。

●ホールダウン金物(ホールダウンカナモノ)

建築物の構造躯体を基礎にしっかり固定するための接合金物で、住宅の四隅に取り付けるボルトのこと。建物を支える基礎から土台や柱が抜けないように、柱と土台を緊結するための特別なボルトで、住宅の四隅など、特に重要な部分に使うもの。地震の揺れによって柱が土台から引き抜かれないように設置する。1階と2階の柱の接続にも使われることがある。建築基準法では、柱と土台など構造上重要な部分に、ホールダウン金物やアンカーボルトをはじめとする金物を使うことを義務づけている。

●ホタテ塗装(ホタテトソウ)

ホタテ貝殻を焼成し、砂状につぶすことにより、抗菌・消臭・遠赤外線・断熱・防音・透水・防草・保水などに効果がある。天然素材のみを使用するため、やせにくく、割れが少ない、などの特徴を持ち、人と環境にやさしい壁材。

 

●モルタルかき落とし(モルタルカキオトシ)

モルタル→砂とセメントを混ぜたもの。通常、砂2対セメント1か砂3対セメント1の割合に混ぜる。施工しやすく、また防火性能があるので一般によく用いられている。
かき落とし→モルタル等の厚めに塗った壁材の表面をかき落として、独特の微妙な凸凹を出す仕上げ方。仕上げはきれいで塗り厚もしっかりしている。

お問い合わせ・ご相談 不動産・建築のことなら何でもご相談ください

 

人にも地球にもやさしい『エコ住宅』

オール電化

外張り断熱

太陽光発電システム

エコキュート

自然素材

長期優良住宅

 

施工例ご紹介

 

お客様の声 弊社で家を建てられた方の喜びのお声をご紹介します

スタッフ紹介

建築用語集

会社案内

PAGE TOP↑